主なカテゴリ
  • ホーム
  • JTF案内
  • 会員一覧
  • 最新情報・バックナンバー
  • 各種資料・統計

Japan Textile Federation

日本繊維産業連盟とは

日本繊維産業連盟は、昭和45(1970)年、米国の綿製品規制に加えて毛・化合繊製品の輸入規制
要求の高まりに対抗する必要が生じたことを契機に結成し、平成27(2015)年に設立45年を迎えます。

「創造と信頼」を基本方針として、近年は通商問題、環境・安全問題、情報発信事業などを中心に
各種情報の蒐集、政府への政策要望、海外関係団体との交流などの活動を行っております。

TPP、日EU EPA、日中韓FTA、RCEPなどの広域経済連携の進展による貿易自由化が加速し、
成長著しいアジア市場を含めた世界市場に向けて商流を拡大する機会が訪れつつあります。
そこで私どもは、繊維産業の持つ「人間の命・健康・生活を支える力」、「人々の心を豊かにし、
文化を向上させる力」、「未来の社会を創る力」といったアイデンティティを再認識しつつ積極的な
活動を進めています。

これを受けまして、平成27年活動方針では、次の7つの課題を織り込みました。

      1.  1. 通商問題への積極的な対応と工商一体の貿易拡大
      2.  2. 情報発信力・ブランド力の強化
      3.  3. 製品安全問題・環境問題への取り組み
      4.  4. 繊維産業の構造改革推進
      5.  5. 新素材・新商品・新技術・新用途の開発、新市場の創出
      6.  6. 人材の確保と育成
      7.  7. 税制問題への対応

日本繊維産業連盟に加盟する各団体は、「創造と信頼の繊産連」の理念に沿って、体質強化を図り
ながら、国際競争力強化に努め、「守り」を固めるための環境整備に加えて、あらたな飛躍に向けて
「攻め」の活動を推進していきます。

最新情報バックナンバー

2015.1.15 「 総 会 」開催