主なカテゴリ
  • ホーム
  • JTF案内
  • 会員一覧
  • 最新情報・バックナンバー
  • 各種資料・統計

Japan Textile Federation

日本繊維産業連盟とは

日本繊維産業連盟は、昭和45(1970)年、米国の綿製品規制に加え毛・化合繊製品の輸入規制要求の高まりに対抗する必要が生じたことを契機に結成され、令和2(2020)年には設立50周年を迎えました。
 
 「創造と信頼」を基本方針に、近年は通商問題、環境・安全問題、取引適正化、人材確保、情報発信事業などについて各種情報の蒐集、政府への政策要望、海外関係団体との交流などの活動を行っております。

令和2(2020)年1月に、2030年に我が国繊維産業を取り巻く姿を見越した上で「あるべき姿」を描き、それを実現するための解決すべき課題・方向性を整理した、「2030年あるべき繊維業界への提言」をまとめました。

令和4(2022)年の活動方針では、「2030提言」で掲げた4つの課題を軸に7つの課題に取り組んでいきます。

1.デジタル革命への対応
2.人材の確保
3.海外展開支援
4.サステナビリティへの対応
5.通商問題への対応
6.情報発信力・ブランド力の強化
7.税制問題への対応

日本繊維産業連盟に加盟する各団体は、「創造と信頼の繊産連」の理念に沿って、体質強化を図りながら、国際競争力強化に努め、「守り」を固めるための環境整備に加えて、新たな飛躍に向けて「攻め」の活動の強化を進めています。